自分のことを相手に知ってください

出会いのタイミングを逃さない切り口は何かとありますが、その方法のグループとして、聞き上手であるということも一案だ。出会いのチャンスがあるのにも関わらず、やっぱりチャンスがその先に発展しないという顧客は、もしかすると話し方や聞き方などに問題があるのかも知れません。初対面の対象との出会いの土俵では、あなたは、自分のことを相手に知ってくださいと思って、自分のことばかりを話して仕舞う群れですか?それとも出会いの土俵では、対象のことを引っかかると思って、対象の内容をメインにして聞いて吊り上げる群れですか?どちらの群れが出会いのタイミングを逃さない群れなのか、審査チックに言えば、対象の内容を思い切り聞いてあげた方がいいと思います。一際よくあるパターンとして、出会いの土俵へ赴き、会合や会合、お見合いなどに参加した会合で、やっぱ自分のことを色々知ってくださいと思って、自分の特徴内容などを思い切り話をする顧客がいますが、意外に出会いの最初の職場で、自分の話をするというのは嫌がられる可能性もあります。対象の話を聞いて差し上げる出方で初対面の対象と内容をした方がいいと思います。出会いのタイミングを逃がさないためには聞き上手です時、それがポイントです。また話が途切れるという顧客が中に入ると思うのですが、大人気というのは、対象の内容の中から捜し出すことが出来ます。趣味の内容が合わなかったとしても、話を聞いていくうちに関心が見つかることもあるのです。
カナガン